ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

認定こども園・保育園について

[2020年9月30日]

ID:4676

認定こども園・保育園のご案内

山北町内には幼保連携型認定こども園と保育園が1つずつ設置されています。

また、幼稚園を含むすべての園で共通のカリキュラムである「山北町就学前カリキュラム」により、教育・保育を実施しています。


山北町就学前カリキュラム

添付ファイル

Adobe Acrobat Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Acrobat Reader をダウンロード(無償)してください。

■やまきたこども園(種別:幼保連携型認定こども園)

 平成29年4月から、山北幼稚園をやまっこ園舎、わかば保育園をわかば園舎とし、2つの園舎からなる幼保連携型認定こども園「やまきたこども園」を開設しました。

やまきたこども園の施設概要
 園舎 やまっこ園舎 わかば園舎
 所在地 山北町山北1266番地 山北町山北1943番地3
 電話 0465-75-1530 0465-75-1144
 建設 昭和56年度 昭和57年度
 定員 140人 60人
 対象年齢 3歳~5歳

 0歳(2か月)~2歳

 開園時間

 平日(土曜日含む)

1号認定 9時~午後2時

2号認定 7時30分~午後6時30分

 平日(土曜日含む)

3号認定7時30分~午後6時30分

■向原保育園(種別:認可保育所)

向原保育園の施設概要
 所在地 山北町向原1630番地
 電話 0465-75-1146
 建設 昭和61年度
 定員 120人
 対象年齢 0歳(2か月)~5歳

開園時間

 平日(土曜日含む)

7時30分~午後6時30分

■令和2年度入園募集案内(入園のしおり)

 各施設の詳細や、一日の保育の流れ、年間行事予定等は下記の入園募集案内をご覧ください。

令和2年度入園募集案内

Adobe Acrobat Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Acrobat Reader をダウンロード(無償)してください。

入園受付

■年度途中の入園

 入園希望月の前月5日まで


  ※令和2年度より 前月5日に変更になりましたので、ご注意ください 。

 ※申込時期によっては、定員超過のためご希望に添えない場合がありますので、申込みの前に福祉課まで問い合わせください。 

  ※ 5日が土曜・日曜日・祝日にあたるときは、直前の開庁日が申込みの締切り日です。

 ※受付順に入園を決定するのではなく、全件審査のうえ入園の可否を決定します。

■新年度4月の入園

 入園する年度の前年度10月下旬~11月初旬に入園説明会を開催します。

 説明に参加できなかった方には、入園説明会終了後から福祉課窓口にて申請書を配付させていただきます。

 なお、募集期間は例年11月上旬ですが、具体的な期間につきましては、入園説明会の際にご連絡いたします。

 ※受付順に入園を決定するのではなく、全件審査のうえ入園の可否を決定します。

■町外の保育所等を希望される方

 町外の保育所等を希望の方は、受付期限が異なる場合があります。希望する保育所等を所管する市区町村へ申込期限等をご確認の上、その期限の5日前(土曜日・日曜日・祝日を除く)までに福祉課へ届け出てください。


認定こども園・保育園の入園手続きについて

■支給認定

認定こども園・幼稚園・保育園に入園する際は、お子様の支給認定が必要となります。

支給認定とは、「教育認定」(1号認定。従来の幼稚園的な利用)と「保育認定」(2号・3号認定。従来の保育園的な利用)に分かれており、どのタイプの施設が利用できるか判断するものです。

また、保育認定の場合、保護者の保育を必要とする理由や就労状況等によって保育必要量が決定され、開園時間(=11時間)の保育が受けられる「標準時間認定」と、開園時間のうち、8時間の保育が受けられる「短時間認定」とに分かれます。

支給認定区分

区分

内容

利用可能施設

幼稚園

保育園

こども園

1号認定

3~5歳で保育を必要としない子ども

×

2号認定

3~5歳で保育を必要とする子ども

×

3号認定

0~2歳※で保育を必要とする子ども

×

保育必要理由と保育必要量 【保育利用の要件】

保育必要理由

支給認定区分

保育必要量区分
(利用できる時間)

利用できる期間

下記に該当しない

1号

教育時間

年度末まで

就労(月1午後8時間以上)

2号・3号

保育 標準時間

年度末まで

就労(月64時間以上~1午後8時間未満)

2号・3号

保育   短時間

年度末まで

出産

2号・3号

保育 標準時間

産前・産後各8週

疾病・障がい

2号・3号

保育 標準時間

年度末まで

家族等の介護

2号・3号

保育 標準時間

年度末まで

災害復旧

2号・3号

保育 標準時間

災害復旧中

求職活動

2号・3号

保育  短時間

2か月

保育必要量区分 【「保育標準時間」と「保育短時間」】

標準時間

最大で11時間(=開園時間)の保育が可能。※開園時間内厳守

短時間

9時までの登園を前提に最大で8時間の保育が可能。8時間を超えた場合、延長保育料が発生します。

延長保育の時間の算定については、子どもを保育士に預けてから8時間が経過した時点から起算し、子どもが保護者の手に引き渡されるまでとします。お迎えのために保護者が保育園敷地内に入った時点ではありませんのでご留意ください。(子どもをお預りする際に、あらかじめお迎えの時間を確認させていただきます。)

入園申込書類

以下から入園に必要な書類をダウンロードできます。

■共通

■教育利用の場合(保護者が就労していない場合)

■保育利用の場合(保護者が就労している場合等)

認定こども園・保育園利用開始後の注意事項

*入所後子どもが施設に慣れるまでの間(約1~2週間)は、ならし保育を行います。ならし保育期間中は早い時間でのお迎えをお願いすることになりますので、ご了承ください。

*次の場合は、福祉課へ必ず連絡してください。
 (1)保護者の仕事が変わったとき、辞めたとき(新たな就労先での就労証明書の提出が必要)
 (2)家庭の状況が変わったとき(再婚・離婚・両親との同居や別居等)
 (3)妊娠したとき(母子手帳の提示が必要)
 (4)住所・連絡先が変わったとき
 (5)申請時の市町村民税額に変更があったとき
 (6)町外へ転出するとき
 (7)転園を希望するとき
  (8)退園するとき(退園届の提出が必要)

*やむを得ない理由で長期欠席する場合は、福祉課にご連絡ください。休園届の提出がないと保育料がかかります。

*所承諾期間でも、保育必要理由がなくなった場合には、保育の実施解除となります。


全国の教育・保育施設検索サイト(子ども・子育て支援情報公表システム)

バナー

「ここdeサーチ」のサイトにジャンプ

お問い合わせ

山北町役場福祉課子ども支援班

電話: 0465-75-3644

ファックス: 0465-79-2171

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム