○山北町名誉町民条例

昭和51年10月1日

条例第25号

(目的)

第1条 この条例は、本町の発展に著しく貢献した者の功績と栄誉をたたえ、もって町民の敬慕の情をあらわすとともに、本町の社会文化の興隆に資することを目的とする。

(称号、資格)

第2条 本町の町民又は本町に縁故の深い者で、本町の産業経済、文化その他地方自治の振興に顕著な貢献をなし、広く町民の敬仰を受ける者に対して、山北町名誉町民(以下「名誉町民」という。)の称号を贈る。

2 前項の名誉町民の称号は、死去した者に対しても追贈することができる。

(決定)

第3条 名誉町民は、町長の委嘱する選考委員会の推薦を経て、町議会の議決により決定する。

(公示)

第4条 名誉町民が決定したときは、本町の掲示場に掲示するとともに町の広報紙に掲載して、その功績を顕彰する。

(待遇)

第5条 名誉町民に対しては、次の待遇をすることができる。

(1) その功績を長く伝える方法を講ずること。

(2) 町の公式の式典への参列

(3) 町の施設の使用に対する便宜の供与

(4) 死亡の際における相当の礼をもってする弔慰

(5) その他町長が必要と認める待遇

(委任)

第6条 この条例の施行について必要な事項は、町長が定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和56年条例第3号)

この条例は、公布の日から施行する。

山北町名誉町民条例

昭和51年10月1日 条例第25号

(昭和56年3月19日施行)

体系情報
第1編 規/第3章
沿革情報
昭和51年10月1日 条例第25号
昭和56年3月19日 条例第3号