ページの先頭です
メニューの終端です。

定住通信 Vo.13【やまきたで暮らしてみようツアーについて】

[2018年9月28日]

「やまきたで暮らしてみようツアー」参加者募集中

こんにちは、定住通信です♪

 

今年もやります!

「やまきたで暮らしてみようツアー」!!!!!!!

やまきたで暮らしてみよう実行委員会主催の移住イベント。
チラシ

 

こちらは、

都市部から田舎暮らし等に興味がある方を対象に、

山北町に来ていただき、

実際に暮らしている方との交流や地域体験をしていただくツアーです♪

 

今回の舞台は・・・大野山!!!!

ハイキングコースとしても人気の標高723メートルの山です。

歩きだと、往復4時間以上かかる山道を、バスで登ります。

 

晴れていれば、とても美しい富士山を見ることができます!!

山北の街並み、丹沢湖、遠くは相模湾まで見渡せる大パノラマ・・・!

ぜひ皆さんに見ていただきたいなあ・・・。


大野山頂上

頂上散策のあとは、365日放し飼いの牧場を見学します!

こちらの牧場は、

今年6月にスタートした「山地(やまち)酪農」を実践する牧場、その名も「薫る野牧場」。

大自然の中で自由に歩く牛たちの光景は圧巻ですよ!


※山地酪農… 山に自然に生える植物を牛の食糧として活用する酪農手法のこと。草を食べた牛の排泄物は土壌に還元され、次の草を育て、そのサイクルの中で牛乳を生産する。
大野山山頂付近から牧場方面

 

お昼ごはんは、地域野菜をたくさん使ったきのこ鍋!!

あったか~いお鍋でぽかぽかになります。

きのこ鍋

↑昨年度のお昼ごはん

こちらのツアーでは、

実際に移住した方の体験談を聞くことができます。

ここでしか聞けないお話もあるかも!?

 

今回は、この4人。

  • 森林セラピーガイド「Forest Edge」を開設した東海林真純さん
  • 「薫る野牧場」をスタートした島﨑薫さん
  • 鉄道の町・山北に憧れて移住した山崎勝裕さん
  • 間伐材アートがきっかけで山北へ、のびのび子育て中の今村英梨奈さん

 

みなさん、いろいろな分野で活躍されていますね~

どんな話が聞けるのか、今からわくわく!!

 

開催当日・10月14日(日曜日)は鉄道の日。

山北駅周辺では「D52フェスティバル」と「やまきた夕市」が開催されています!

これらのイベントの散策もできますよ♪

 

お土産も山北ならでは・・・!!!

中身は当日のお楽しみです♪♪


内容もりだくさんの「やまきたで暮らしてみようツアー」、

開催日は・・・10月14日(日曜日)です。

 

応募締切は、10月11日(木曜日)

参加者募集中です。

 

お申込みは、こちらから

 

こちらのツアー、町内をはじめ多くの企業さんにご協賛をいただいております!(50音順、9月28日現在)

  • 神奈川柑橘果工(株) 
  • (株)小田原百貨店山北店 
  • (株)ソーゴー 
  • (株)トヤマ 
  • 県西骨材協同組合 
  • さがみ信用金庫山北支店 
  • 住まいのアドバイザー滝本
  • JAかながわ西湘山北支店
  • 相和技建(有)
  • 日本PFIインベストメント(株)
  • 武相宅建(株)
  • 三菱ガス化学(株)山北工場


田舎暮らしに興味がある方、

山北町行ってみたいけど今まで機会がなかったという方、

自然が大好きな方!!!

ご参加お待ちしております♪

お問い合わせ

山北町役場 定住対策課定住対策班

電話: 0465-75-3650(おかけ間違いにご注意ください) ファックス: 0465-75-3661

お問い合わせフォーム


定住通信 Vo.13【やまきたで暮らしてみようツアーについて】への別ルート

[ページの先頭へ戻る]