ページの先頭です
メニューの終端です。

山北町景観計画及び景観条例について

[2018年6月18日]

山北町景観計画の策定 及び 山北町景観条例を制定しました。

・ 山北町では、自然環境と地域資源を活かした魅力ある景観づくりを基本理念に、景観計画の策定に向けて作業を進めてまいりました。 その結果、平成30年6月18日付けで、山北町景観計画を策定し、同日付で告示させていただくことができました。

・ 一方で、景観行政を運用していく根拠とするための『山北町景観条例』におきましても、平成30年6月18日付けで、公布させていただいております。

・ 山北町としましては、町民・事業者のみなさんと力を合わせて、景観に対する取り組みをより一層進めてまいりますので、ご理解ご協力をお願いします。

【山北町景観計画、景観条例及び施行規則はこちらからご覧ください】

山北町景観条例(pdf)

山北町景観条例施行規則(pdf)

Adobe ReaderPDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

景観計画の基本理念について

・ 山北町固有の魅力を大切にし、古くからの伝統を守り、そこに住む人々によって先祖代々受け継がれてきた自然豊かな景観を、町民・事業者と行政の協働により保全創出することを基本とします。

  景観形成の基本理念

  『自然環境と地域資源を活かした魅力ある景観づくり

景観計画の策定について

・ 平成30年1月に神奈川県知事の同意を得て景観行政団体となったうえで、景観法(平成16年6月18日法律第110号)第8条の規定に基づき、『山北町景観計画』を策定しました。

景観条例の制定について

・ 山北町景観計画策定に伴い、山北町景観条例を平成30年6月開催の山北町第2回定例会に上程し、審議をしていただいた結果、全会一致で可決され、平成30年6月18日付けで公布しております。

景観計画及び景観条例の関係性について

・ 景観計画は景観法(平成16年6月18日法律第110号)第8条を根拠に策定され、同法において景観行政団体が景観計画を策定することができると規定されています。

・ 景観条例は、景観計画と一体となって運用され、自治体において景観行政を運用していく根拠となるものです。

ご不明な点につきましては、下記までお問い合わせをお願いします。

お問い合わせ

山北町役場 都市整備課管理計画班

電話: 0465-75-3647 ファックス: 0465-75-3661

お問い合わせフォーム


山北町景観計画及び景観条例についてへの別ルート

[ページの先頭へ戻る]