ページの先頭です
メニューの終端です。

『足柄乃文化』を読んで山北の歴史を知ろう!

[2017年6月8日]

『足柄乃文化』とは

 

 『足柄乃文化』は、山北町地方史研究会の機関誌で、年に1回発行されています。

 

★ 山北町役場2階 生涯学習課でお買い求めいただけます。 <取扱日時 :平日 8:30 から 17:15 まで>

 

最新号の内容<1冊1,500円>

 

 『足柄乃文化第44号』は平成28年10月14日の鉄道の日に「山北鉄道公園」で奇跡の復活を果たした”蒸気機関車D5270”に関する資料をはじめ、昭和26年の山北中学校舎工事の際に発見された板碑(いたび)のことや、室生神社の流鏑馬にみられる日本の馬文化ついてなど、多岐にわたり、町の歴史に関する内容を掲載しています。

 ぜひ一度お手に取って、ご覧ください。

 

最新号目次

(口絵)蒸気機関車D5270【 山崎泰】
室生神社の流鏑馬にみる日本の馬文化【 三橋國嶺】
山北中学校遺跡出土の武蔵型板碑について 【鳥居和郎】
戦時中、三保にも報告寮があった 【石井敬士】
『清水の学童疎開報告』1 -各戸疎開した西潮田国民学校-【 イリスの会】
蒸気機関車の話 【瀬戸正二】
山北町の交通・交流史1 生まれ変わった戦時機関車D52形【 山崎泰】
山北町の交通・交流史2 昭和9年、丹那トンネル開通前後の山北町 【茂木哲夫】
山北町の交通・交流史3 共和酪農創設の頃を語る 【杉本好永・大野君麿】
山北町の交通・交流史4 河村氏・河村城を論じた新刊書紹介【 茂木哲夫】
山北町の交通・交流史5岸の八幡神社「正八幡宮縁起」は語る 【茂木哲夫】
相模足柄上郡の道祖神と小正月の行事 山北町(岸・山北・向原)【武田久吉・北村公佐※昭和12年刊『民族学研究』より転載】
『秘要録 坤』を読む -「公事方御定書」下巻(御定書百箇条)の初編本か-【茂木哲夫】

 

バックナンバーのご案内

以前に刊行した巻号(バックナンバー)もお買い求めいただけます。

バックナンバーの目次はPDFでご覧ください。

なお、創刊号から第6号までは在庫がないためお買い求めできません。

 

 

バックナンバーの価格

 

最新号を除く10年以内に刊行された巻号  1,000円

 

それ以前の巻号                    500円

 

足柄乃文化総目次※創刊号から第44号(2017年)まで

Adobe ReaderPDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

山北町役場 生涯学習課生涯学習スポーツ班

電話: 0465-75-3649 ファックス: 0465-75-3661

お問い合わせフォーム


[ページの先頭へ戻る]