ページの先頭です
メニューの終端です。

<平成29年10月8日(日)>山北のお峯入り ★5年ぶりの公演決定★

[2017年9月15日]

国指定重要無形民俗文化財「山北のお峯入り」公演のご案内 ※内容は順次更新していきます

〇開催日

平成29年10月8日(日)

 

〇公演時間及び場所など

<第1回> ※公開公演

時間  午前9時30分~午前11時00分

内容  午前9時30分~午前10時00分:式典、午前10時00分~午前11時00分:公演

場所  山北町役場駐車場特設会場(JR御殿場線山北駅より徒歩2分)

交通  ・会場周辺の臨時駐車場は約200台分しかないため、公共交通機関のご利用をおすすめします。  

     ・満車の場合は駐車することができません。あらかじめご了承ください。

     ・なお、会場から離れた臨時駐車場からは無料シャトルバスを運行する予定です。

     ・JR御殿場線は交通系ICカードがご利用できませんのでご注意ください。

     ・山北町までの交通についてはこちらをクリックしてください

 

<道行き>大野山から神明社【しんめいしゃ】に向けて、演者が行列を組み、練り歩きます。

時間  午後0時30分~午後0時40分 ※予定

場所  大野山(山頂付近牧道)

交通  大野山までの交通についてはこちらをクリックしてください

 

<第2回>※奉納公演

時間  午後1時30分~午後2時30分

場所  神明社境内(山北町高杉)

交通  ・山北町役場から神明社まで徒歩約2時間30分です。

     ・周辺に駐車場はありません。バスの運行もないため、徒歩のみのご案内となります。

     ・神明社までの道は関係者以外に対し、交通規制を行いますのでご了承ください。

 

<<雨天時の公演時間及び場所>>

時 間  第1回:午前9時30分~午前11時00分   第2回:午後1時30分~午後2時30分

場 所  山北町立生涯学習センター多目的ホール(山北町役場横)

※交通については上記<第1回>をご覧ください。

※各回の定員は350名程度となりますので、場合によっては入場を制限いたします。申し訳ございませんが、あらかじめご了承ください。

 

山北のお峯入りパンフレット≪中面≫

Adobe ReaderPDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

「山北のお峯入り」ってどんなお祭り?

山北町共和地区に古くから伝わる民俗芸能です。「お峯入り」とは山中で修業を行うことを意味し、修験道の儀礼が芸能化したものと考えられています。また、南北朝時代に宗良親王が河村城に難を逃れた時から始まったという伝承もあり、笛・太鼓の調べや歌詞は万葉の時代を感じさせます。

演技は8種類11演目あり、天狗、獅子、おかめ、山伏、太鼓、笛などの役を約80名の男性が演じます。歌や踊りはすべて口伝えで伝承されていて、近年では概ね5年ごとに公演を行っています。

 

★もっと詳しく知りたい場合は、こちらをクリックしてください★

 

 

同時開催 『第38回日本山岳修験学会山北・丹沢学術大会』のご案内

山北のお峯入り公演に併せ、日本山岳修験学会山北・丹沢学術大会を行います。

公開講演では翌8日に開催するお峯入りについての講演もあります。

どなたでも参加できますので、是非ご来場ください。

★入場無料、申込み不要★

 

開催日  平成29年10月7日(土)

時間    午後0時50分~午後5時00分

会場     山北町立生涯学習センター(1階多目的ホール)

交通    会場周辺には駐車場がありません。公共交通機関を利用してお越しください。

備考    ・学会は10月6・7・8日の3日間、開催されます。

       ・6日午後1時00分~午後5時50分、7日午前9時00分~午前11時30分に行う研究発表会にもご参加いただけます。

       ・詳しくはこちらをクリックしてください。※日本山岳修験学会ホームページへ移動します。

 

お問い合わせ

山北町役場 生涯学習課生涯学習スポーツ班

電話: 0465-75-3649 ファックス: 0465-75-3661

お問い合わせフォーム


<平成29年10月8日(日)>山北のお峯入り ★5年ぶりの公演決定★への別ルート

[ページの先頭へ戻る]