ページの先頭です
メニューの終端です。

小児医療費助成制度について

[2011年6月29日]

小児医療費助成制度

 小児医療費助成制度は、各種の健康保険証でかかった医療費の自己負担分について助成するものです。                                                

 県内の医療機関を受診する際は、保険証と一緒に医療証を提示することにより、原則として窓口での保険適用範囲内の自己負担分のお支払いはありません。(入院の場合、食事療養費は原則として除く。)

助成対象者

 山北町在住の0歳から中学校終了(15歳になった後の最初の3月31日)前の子ども 

助成範囲

 対象となるのは、入院・通院・調剤費用

対象とならないのは

  • 入院費食事療養費
  • 保険適用外費用(健康診断予防接種など)
  • 交通事故などの第三者行為に該当するもの                          

 支給を希望される方は、福祉課にて申請が必要になります。申請にあたっては必要な書類がありますので、申請される方はご準備ください。

医療証の発行には申請が必要です

 申請には、以下のものをご用意ください。

  1. 印鑑
  2. 子どもの健康保険証
  3.  所得証明書(他の市区町村から転入してきた方のみ)

1.医療証申請手続きの流れ

 必要なものをご持参のうえ、福祉課にて「医療証」の申請を行ってください。申請後、ご自宅宛に「医療証」を郵送します。

 医療証は医療機関の窓口に、保険証と一緒に提示してください。

 医療証は神奈川県内の医療機関でのみご利用いただけます。

2.すでに支払った医療費についても助成が受けられます

 受診した医療機関が発行した領収書(受給者の氏名、受診年月日、保険点数、その他必要な事項が記入されているもの等)を添えて福祉課に申請すれば、すでに支払った医療費の自己負担分について助成が受けられます。(神奈川県外での医療機関の受診も可能)。

 なお、「医療証」の申請をしているにもかかわらず、お手元に届いていない場合も同様となります。

医療費の助成を受けるには申請が必要です

 申請には、以下のものをご用意ください。

  1. 印鑑
  2. 子どもの健康保険証
  3. 振込先がわかるもの(通帳等)
  4. 領収書
  • 助成制度を希望される方は、必ず医療機関から「領収書」を受け取ってください。また、受け取った「領収書」は、紛失しないようにしてください。
  • 助成金の支給は、金融機関への振り込みになります。
  • 申請日から、1年間さかのぼって申請できます。

※ 「領収書」については、受診者の氏名、保険点数等が「はっきりわかる状態」で、医療費の申請をおこなってください。

 

お問い合わせ

山北町役場 福祉課子ども支援班

電話: 0465-75-3644 ファックス: 0465-79-2171

お問い合わせフォーム


[ページの先頭へ戻る]