ページの先頭です
メニューの終端です。

平成23年6月(フォトダイアリー)

[2012年1月18日]

6月

6月2日(木)御殿場線輸送力増強促進連盟総会

御殿場線輸送力増強促進連盟の総会が御殿場高原ホテルで開催されました。

山北町は連盟の副会長として出席しております。

6月4日(土)福祉ふれあいフェスタやまきた

第7回福祉ふれあいフェスタやまきたが山北町健康福祉センター及び駐車場で開催されました。

今回は東日本大震災支援バザーも開催され、この支援バザーの売り上げは、全額義援金として県共同募金会に送金されます。

6月6日(月)南相馬市

 6月6日に南相馬市の桜井市長に会ってまいりました。

目的は被災された方々に対して、山北町と共和地区で定住等の支援協力ができるのかの確認と現地の実情視察です。

現地は想像していたより広大な面積が津波の被害を受けて、建物等が壊され何も残っておらず、そこには片付け途中の残骸が所々に残っているだけでした。

また、堤防が壊れた所からはテトラポットが波に運ばれ、あちこちに散らばっている風景も目に入りました。

津波の被害を受けていない安全な場所は、海岸から車で10分程離れており、とても走って逃げきれる距離ではありません。

堤防近くには砂に埋もれた、スキー靴やぬいぐるみがあり、壊れた時計の短針が2時を指していました。

一日も早く地域の方々に笑顔が戻るのを願ってやみません。

6月12日(日)土砂災害全国統一防災訓練

土砂災害全国統一防災訓練が行われ、鷲鷹集会所では講習会が開かれました。

6月13日(月)ほたる鑑賞

十二日の夜、山北中学校の奥、滝沢川でほたるが飛び回るのを見てきました。

向原の地域づくりのメンバーが試行錯誤を繰り返しながら、現在の場所でほたるの成育ができるまでになったそうです。

当日は小雨でしたが、数十匹が薄闇の中で飛び交い、参加者の心を楽しませてくれました。

また、ほたるは強い光を発するのがオスで、メスは弱い光を発するそうです。

成虫は二週間程度の寿命しかなく、その間で相手を探すそうです。

私も、毎年、ほたるが成育できる環境を維持することが町の使命だと考えています。

6月19日(日)第44回山北町球技大会

スポーツを通して、地域住民相互の親睦を深めるとともに、体力づくりと健康増進を図る目的で、44回目の山北町球技大会が開催されました。

ソフトボールは山北町スポーツ広場で、バレーボールは山北中学校体育館で熱戦が繰り広げられました。

お問い合わせ

山北町役場 企画政策課政策班

電話: 0465-75-3651 ファックス: 0465-75-3660

お問い合わせフォーム


平成23年6月(フォトダイアリー)への別ルート

[ページの先頭へ戻る]