ページの先頭です
メニューの終端です。

容器プラスチックの品質検査結果

[2013年9月25日]

容器プラスチックの品質検査 「Aランク判定」

 

 6月12日(水)にプラスチック容器包装のごみの品質検査が行われました。皆さんのご理解とご協力により容器比率が98.80%という結果となり、Aランクと評価されました。昨年の97.62%から1.18%上昇しております。

 今後も引き続き適正な分別にご協力お願いします。

 

 

◆ 分別できていなかったものは?

 今回の検査では容器比率98.80%と大半は適正に分別されていましたが、1.20%と僅かですが分別できていないものがありました。

 分別できていなかったものは、以下のようなものでした。

 

 ・汚れの付着したプラスチック

    →汚れているものはリサイクルできませんので、きれいに洗ってから出してください。

      汚れが落ちないものや、シールの付いているものは、燃えるごみに出してください。

 

 ・容器プラ以外のプラスチック製品

    →ストロー、プラスチックスプーン、タッパーなどの保存容器、ビニールひも等。

      これらのプラスチック製品は「容器プラ」としてリサイクルには出せません。

      燃えるごみに出してください。

      また、柄がプラスチック製のカミソリなどは、混入しているとリサイクルできない上に大変危険です。

      カミソリは、燃えないごみに出してください。

     (※カミソリの刃は、空き缶などの中に入れていただくか紙等にくるんで、町指定の燃えないごみ袋に入れてお出しください。)

 

 ・ペットボトル

    →ペットボトルは、別に回収ネットをご用意しております。

     PETマークをご確認の上、そちらに分けて出してください。

 

 ・紙、ガラス

    →カップ麺容器の紙製のふたや紙製のカップ麺容器などが混入しています。

      これらは、分けて燃えるごみにだしてください。

      割れたガラス片などは、燃えないごみに出してください。

 

 

 上記、分別のポイントに注意していただき、さらに適正な分別収集が進みますようご協力お願いします。

お問い合わせ

山北町役場 環境課生活環境班

電話: 0465-75-3656 ファックス: 0465-75-3661

お問い合わせフォーム


[ページの先頭へ戻る]