ページの先頭です
メニューの終端です。

山北町高杉のウラジロガシ

[2011年8月31日]

県指定 天然記念物   昭和53年11月17日指定

山北町皆瀬川の高杉に所在します。斜面からほぼ水平に樹幹を伸ばし、根元から約3.1メートルのところで幹が2つに別れ、さらに上部に伸びた幹は2つに分岐し、3本の幹が広く樹冠を形成し、南北約20メートル、東西約17メートルにも達します。根廻り約5m、樹高は約21mを測り、推定樹齢は約300年とされ、昭和59年にかながわ名木100選に選ばれています。

*ウラジロガシ・・ブナ科の常緑高木。本州中部以南の山地に自生。葉は長楕円形で、先半分の縁に鋭いぎざぎざがあり、裏面は蝋(ろう)で覆われ白い。5月ごろ、新しい枝の付け根に黄色の雄花が垂れてつき、雌花は花の付け根につく。翌年10月ごろ、どんぐりができる。材の用途は多い。

お問い合わせ

山北町役場 生涯学習課生涯学習スポーツ班

電話: 0465-75-3649 ファックス: 0465-75-3661

お問い合わせフォーム


山北町高杉のウラジロガシへの別ルート

[ページの先頭へ戻る]