ページの先頭です
メニューの終端です。

銅造十一面観音菩薩立像(どうぞうじゅういちめんかんのんぼさつりゅうぞう)

[2014年12月5日]

町指定 重要文化財   平成14年11月28日指定

登頂に仏面を戴き、その下に十一面を一段にめぐらしています。像本体のすべてを一鋳(いっちゅう)し、背面上下2箇所に光背留(こうはいどめ)の突起を鋳出しています。

寸胴な体形をもち、両腕は短く、頭部は大きめで面相は丸く、童顔に見える目鼻立ちは大きく作られています。彫刻としての造形感覚はおおらかで、生気を帯びた面相部や、のびやかな衣文表現は中世作独特なものであり、また随所にみる力強い造形力から、室町時代前期、15世紀半ばの制作と考えられます。

中世の金銅仏(こんどうぶつ)は、県内にかなりの数が残されていますが、像種として十一面観音の立像は意外と少なく、町内に遺る唯一の中世金銅仏としても大変重要です。

*光背・・仏身から発する光明をかたどった、仏像の背後にある飾り。

お問い合わせ

山北町役場 生涯学習課生涯学習スポーツ班

電話: 0465-75-3649 ファックス: 0465-75-3661

お問い合わせフォーム


銅造十一面観音菩薩立像(どうぞうじゅういちめんかんのんぼさつりゅうぞう)への別ルート

[ページの先頭へ戻る]