ページの先頭です
メニューの終端です。

住まいづくり応援制度

[2013年10月1日]

住まいづくり応援制度

山北町では、町外からの転入や若者・中堅世帯の定住、町内の空家などの活用を促進するために、支援をしております。

山北町住まいづくり応援制度の事業内容 について

1.新築祝金について

町外からの転入、町内で転居(世帯分離等)する若者・中堅世帯を対象に新築祝金を交付します。(平成27年4月1日より制度変更)

一世帯につき1回限り

  町外からの転入:20万円

  町内での転居:10万円


〈主な対象要件〉
・5年以上継続して居住すること
・世帯主が50歳未満で、世帯の人数が2人以上であること
・世帯主に市区町村民税等の滞納がないこと
・新築の戸建住宅の取得(併用住宅およびUターンによる2世帯住宅等含む)

2.空家活用助成金

町外からの空家の取得・利用希望者に対して、その空家の活用の促進を図るため、空家の活用に必要な費用を助成します。
・居住環境の整備その他空家の活用に必要な費用 10万円以内(限度額)


〈主な対象要件〉
・5年以上継続して居住すること
・世帯主に市区町村民税等の滞納がないこと
・空家の取得、賃借をすること


※ 空家とは、山北町空家等情報登録制度により登録がなされている物件のことを言います。

3.勤労者等住宅利子補助制度

町内に自己住宅を取得するために町が指定した金融機関から住宅資金の融資を受けた場合の支払利子の一部を補助します。
・借入金額の500万円以内 年利2パーセント以内 3年以内


〈主な対象要件〉
・利子補助の申請時に町内に居住していること
・町内に自己の居住の用に供する住宅を新築し、購入しまたは増改築をする者
・町税等を滞納していない者


〈町指定金融機関〉
 横浜銀行、さがみ信用金庫、中央労働金庫、JAかながわ西湘

「来て!見て!住んで!やまきた」パンフレット

Adobe ReaderPDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

山北町役場 定住対策課定住対策班

電話: 0465-75-3650 ファックス: 0465-75-3661

お問い合わせフォーム


[ページの先頭へ戻る]