ページの先頭です
メニューの終端です。

牧草の放射能濃度について

[2011年5月31日]

牧草の放射能濃度について(5月31日更新)

福島第一原子力発電所の事故後、神奈川県では一時環境中の放射能濃度が通常より上昇しました。

このため、農林水産省の支持を受け、平成23年5月10日に採取した山北町の牧草について県で放射能濃度の検査を実施しました。

その結果、放射性ヨウ素・放射性セシウムともに不検出となりました。

しかし、より安全をみて、、事故後に収穫した牧草等の乳用牛及び肥育牛への使用については引き続き自粛をお願いします。

今後も継続的に県で検査を実施し、暫定許容値に基づき、事故後に収穫した牧草等の使用が可能かどうかを判断してお知らせしていきます。

 

牛を飼養する農家の皆さんへ(県ホームページ)

お問い合わせ

山北町役場 農林課農林振興班

電話: 0465-75-3654 ファックス: 0465-75-3661

お問い合わせフォーム


牧草の放射能濃度についてへの別ルート

[ページの先頭へ戻る]