ページの先頭です
メニューの終端です。

平成24年9月(フォトダイアリー)

[2012年9月30日]

9月

9月2日(日)山北町総合防災訓練

  9月2日、朝、昨夜未明から雨がひどく降り、防災訓練の開催を心配しましたが、実施会場である共和地区、向原地区、役場とも、無事予定どおり行われました。

 共和連合自治会と町との合同防災訓練は共和地区トレーニングセンター内で行われ予定した救助犬訓練、煙体験訓練、避難所訓練、炊飯訓練やあんしんメール登録など全て行うことができました。

 特に救助犬訓練はもし地震で家屋に閉じ込められた場合などは大変心強く感じました。

 また、向原連合自治会では、横浜地方気象台長である萬納寺信崇氏をお招きして防災気象講演会が山北高校で行われ、参加者の皆さんには大変好評を受けたようです。

 一方、町職員については、避難所運営図上訓練を県の協力で初めて実施しましたが、カードに書かれた避難者の年齢や性別、国籍、それぞれが抱える事情等を理解し、的確に体育館や教室に配置するのに、さまざまな意見や考えの違いで判断が変わってくるものだと感じました。

 災害はいつ来るか分かりません、防災訓練で少しでも体験したことがもしもの場合、本人と家族を守ることに繋がるよう防災情報等の発信強化に努めたいと思います。

9月18日(火)科学雑誌ニュートン

30年ほど前に、科学雑誌ニュートンが創刊され、創刊当時から数年前まで、毎月購読してきました。

 ここしばらく購読は減りましたが、久しぶりにダークエネルギーというタイトルに惹かれて読んでみました。

 創刊当時から地震のメカニズムや恐竜の謎、星雲、銀河の美しさやDNAのメカニズムなどに興味がありました。

 最近では土星探査機「カッシーニ」が撮った衛星「タイタン」の映像など、改めて土星の輪の美しさに神秘を感じました。

 得に土星では地球規模の大きな雷雲が発生し、地球の一般的な雷の1万倍の電圧で放電が起きているようです。

 地球でも最近のゲリラ豪雨の元になる、巨大積乱雲の発生は、雷も大型化しそうなので私は心配しています。

 また、どんなに太陽から離れていても地球も惑星としてそれぞれの惑星の影響を受けていますし、最近の天災も宇宙の仕組みから見ればまだ些細な事象かもしれません、しかしいろいろな謎が解明され天災が予測できれば素晴らしいと思います。

9月24日(月)メールアドレス

  私の携帯電話にはどうしても消せないメールアドレスがあります。

 もう数年前に他界した方でその人には送信しても届きませんが、いろいろな出来事を報告したいとき、メールを送信します。

 「送信されませんでした」と結果は分かっているのですが、届いているような気がします。

 東日本大震災で家族を亡くされた方にも私と同じことをしている人がいるのではないかと思います。

 本当は電話が通じて「一言でも声が聞きたい!」そんなことをお彼岸が来るたびに思ってしまいます。

9月25日(火)お彼岸

  春分と秋分は、太陽が真東から昇り、真西に沈むので、西方に沈む太陽を拝し、彼方の極楽浄土に思いをはせたのが始まりと言われています。

 春のぼたもち、秋のおはぎと同じものなのに呼び方を変えるのも日本人らしい風情だと思います。

 また、秋のこの時期になると咲く彼岸花は、一面に咲くと本当に綺麗で夏が終わり、秋になったことを強く感じます。

 いずれにしても、お寺でお墓参りをしてお花とお線香を供え、手を合わせて故人を懐かしむときに楽しかった思い出だけが心に浮かぶのは私だけでしょうか。

お問い合わせ

山北町役場 企画政策課政策班

電話: 0465-75-3651 ファックス: 0465-75-3660

お問い合わせフォーム


平成24年9月(フォトダイアリー)への別ルート

[ページの先頭へ戻る]