ページの先頭です
メニューの終端です。

平成23年7月(フォトダイアリー)

[2012年1月19日]

7月

7月2日(土)青少年健全育成大会

2日の午後、中央公民館で「少年の主張」作文入選者の表彰があり、4人の最優秀者が素晴らしい作文を発表してくれました。

第2部の講演では桂才賀師匠が「少年院面接委員が語る現代青少年の心、子どもを叱れない大人たちへ」と題して、さだまさしの「償い」が流されました。

実話がモデルの歌詞で、交通事故で男性を死なせてしまった若者がせめてもの償いとして送金を続けてきたところ、事故から7年目被害者の奥さんから送金はいらないという一通の手紙が届くという内容です。

アルバム「夢の轍」に収録されています。

一度聞いてみてください。

7月6日(水)ポッポ駅前屋

6日お昼に山北駅前のポッポ駅前屋のお披露目がありました。

以前この場所には観光協会の事務所がありましたが、事務所の移転により空き店舗になっておりました。

そこに駅前の活性化、空き店舗の利用として清水地区の方が先日オープンさせました。

入口の左手にはNゲージの鉄道模型が設置されています。

そこにはかつての鉄道の町山北を彷彿させるような操車場などが再現され、ジオラマの中の3台の機関車を別々に操作することができます。

メニューでも足柄牛を使ったものや、線守稲荷をイメージしたお稲荷さんなどがあり、山北の地域を堪能できると思います。

 

7月7日(木)飛ばない鳥 大地を生きる

先日、ワイルドライフというテレビ番組でアフリカ、ケニアの大サバンナに生息する「飛べるのに飛ばない鳥」であるヘビクイワシやミナミジサイチョウ、アフリカオオノガンの生態がリポートされていました。

その番組を見たとき数年前にいただいた我が家にある短冊のことを思い出しました。

これまで何の鳥か分からずに壁に掛けてありましたが、上を見上げている鳥がアフリカオオノガンであることが分かりました。

短冊は何か願い事をするときに使いますが、この絵を描いた九十歳のおばあさんの願い事は何だったのでしょうか。

ミステリアスな謎として考えてみたいと思っています。

 

7月13日(水)山北高校男子ソフトテニス部

7月下旬から青森県で始まる「平成23年度全国高等学校総合体育大会」に県代表として出場するため、山北高校の男子ソフトテニス部の生徒達が山北町役場を訪れました。

7月16日(土)ウッド&ハンドわいわいボイスパーティー

山北町商店街にあるウッドボイス工房で、「ウッドボイス&ハンドわいわいボイスパーティー」が開催されました。

ウッドボイス&ハンドボイスで展示・販売している商品を作る体験イベントなどが行われました。

 

7月20日(水)カヌーマラソン

海の日、恒例のカヌーマラソンIN丹沢湖が開催されました。

240艇ほどが一斉にスタートする姿は、夏の湖面を彩ってくれます。

小学生のグループは、保護者など大勢の声援を受けて、力いっぱい漕いでいました。

今大会はがんばれ東北と銘打った大会であり、岩手県の方も参加されました。

丁度、なでしこジャパンが優勝した日に入賞された方々には、忘れられない思い出となったと思います。

 

7月21日(木)土石流 

孫子沢

 

今回の台風6号では、大量の雨が降り続き、昨年の台風で被害を受けた沢が、同じように土石流となって道路を塞いでしまいました。

幸い、人的被害がなかったことは良かったのですが、通行止め等で多くの町民の皆さんにご心配を頂いたり、地域の皆さんに土のう積みでお手伝い頂き本当にありがとうございました。

7月26日(火)二宮金次郎像

 山北中学校に昭和30年から設置されている二宮金次郎像の修復及び移設式が行われました。

 昨年から取り付け箇所の根元がグラグラしているとの事で、修復を検討しておりましたが、関係各位の寄付等により無事修復することができました。

 今後も山北中学校の生徒に至誠(しせい)、勤労(きんろう)、分度(ぶんど)、推譲(すいじょう)の報徳の教えが少しでも理解され実践されることを祈っております。

7月27日(水)洒水の滝まつり

お問い合わせ

山北町役場 企画政策課政策班

電話: 0465-75-3651 ファックス: 0465-75-3660

お問い合わせフォーム


平成23年7月(フォトダイアリー)への別ルート

[ページの先頭へ戻る]