ページの先頭です
メニューの終端です。

山北町生涯学習推進プラン

[2013年7月22日]

山北町生涯学習推進プランとは

”山北町生涯学習推進プラン”とは「ふれあい、学びあい、生きがいのある生涯学習のまちづくり」を基本目標として平成10年に策定されたものです。平成20年には改訂版が策定され、町ではこのプランを基本として、学校・家庭・地域が生き生きと活気にあふれ、潤いとやすらぎに満ちた生涯学習社会をめざして積極的に取り組んでいきます。

改定版(平成20年~29年)について

平成10年にプランが策定されてから10年が経過し社会は大きく変化しました。少子・高齢化をはじめ、めざましい情報社会やグローバル化の進展、環境との共生に向けた取り組み、産業・雇用・就業形態の変化、さらには地方分権の推進など、時代の急激な変化と社会の成熟化が進む中で、それまでの成果を見直すとともに、時代に即した生涯学習を推進するべく改定されました。

計画の考え方

計画の考え方とは、どのような見地から計画を策定するかを定めたものですが、本改訂版では平成10年度に策定した「山北町生涯学習推進プラン」を基本とし、その中の「計画の方針と施策」の3つの見地を発展的に継承していきます。

(1)いつでも、どこでも、だれでも学べる生涯学習の推進

町民一人ひとりがその能力や個性を伸ばすことにより、楽しみや生きがいづくりにつなげ、また、社会の変化に伴う学習課題を学ぶことにより、人生を豊かなものにするとともに、町民の幅広い学習活動の支援、育成に努め、学習機会の充実、学習の場の整備など、いつでも、どこでも、だれでも学べる生涯学習を推進します。

(2)地域に根ざした生涯学習の活性化

生活を豊かにし、生きがいのある暮らしをしていくため、日常生活の場である地域社会とのかかわりを大切にした学習活動を推進します。近年は、地域における人間関係が希薄化するなどの状況の中で、日常生活における課題に取り組み、刺激しあい、お互いが学びあったものを活用し、地域に貢献できるような地域に根ざした生涯学習の活性化を推進します。

(3)人権尊重を重視した生涯学習の推進

学習活動を推進する中で、仲間とともに学習したり、活動したりすることは、他人を思いやる心やともに生きる心を育み、個性、国籍、障害などお互いの違いを認めあい尊重することと同時に、お互いの心のつながりの発展を促すことから、お互いが学びあうことのできる人権尊重を重視した生涯学習を推進します。

山北町生涯学習推進プラン 改訂版 (平成20年~29年)

Adobe ReaderPDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

山北町役場 生涯学習課生涯学習スポーツ班

電話: 0465-75-3649 ファックス: 0465-75-3661

お問い合わせフォーム


山北町生涯学習推進プランへの別ルート

[ページの先頭へ戻る]