ページの先頭です
メニューの終端です。

懸仏(かけぼとけ)

[2011年8月31日]

町指定 重要文化財   平成9年6月25日指定

懸仏とは、鏡面に神像や仏像を取りつけ、あるいは線刻などで表現し信仰の対象としたものです。神仏習合の信仰により生まれたとされ、鎌倉・室町時代にかけて盛んにつくられました。

本品は、細い覆輪をめぐらせた鋳銅製の鏡面中央に、鏡板と一鋳された像があります。像の頭部の被り物は、十一面観音を表現したものと思われます。また、頭上にはキリーク(阿弥陀)の種字(しゅじ)が陰刻されています。これらは、日吉(ひえ)神社(山王社)の上七社の本地仏から二尊を選んだものと思われます。

鏡面には制作の年記や願主などが陰刻され、地域の歴史を知る上で貴重な資料といえます。

*覆輪・・甲冑(かっちゅう)・鞍・太刀・調度などを金・銀・すずなどで縁取りし、飾りや補強としたもの。

お問い合わせ

山北町役場 生涯学習課生涯学習スポーツ班

電話: 0465-75-3649 ファックス: 0465-75-3661

お問い合わせフォーム


懸仏(かけぼとけ)への別ルート

[ページの先頭へ戻る]