ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

平成31年度以降の配偶者控除および配偶者特別控除について

[2018年12月14日]

ID:4070

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

税制改正により、配偶者控除および配偶者特別控除の取り扱いが変更されました。

この改正は、平成31年度(平成30年中の所得)の個人住民税から適用されます。

改正内容

配偶者控除

納税義務者の合計所得金額に制限が設けられ、900万円を超えると控除額が減少し、1,000万円を超える場合は控除の適用ができません。

配偶者特別控除

対象となる配偶者の合計所得金額が、38万円超123万円以下まで引き上げられました。(改正前は配偶者の合計所得金額38万円超76万円未満)

納税義務者の合計所得金額が900万円を超えると控除額が減少し、1,000万円を超える場合は従来どおり控除の適用ができません。

同一生計配偶者

「控除対象配偶者」の定義を改め、改正前の「控除対象配偶者」に該当するものは、「同一生計配偶者」と名称を変更することとされました。


※控除額等の詳細については、次のPDFデータをご確認ください。

お問い合わせ

山北町役場町民税務課税務班

電話: 0465-75-3641

ファックス: 0465-79-2171

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム